Q2

ホーム
メンバー
スケジュール
追い出し屋問題
京都の更新料裁判
書庫
打合せ風景
連絡先情報
目次ページ

Q2 特約で、明渡時の壁紙や床の貼りかえ等は借主負担となっていても「通常損耗」や「経年変化」(あわせて「自然損耗」といいます)は、借主の負担にはならないとの判例が多いとのことですが、「自然損耗」として借主が負担しなくてもよいのはどのような傷や汚れですか。具体的に教えて下さい。
 

1、「自然損耗」についての判例  

「自然損耗」の回復費用については、借主は負担をしなくてよい、と抽象的には言えても、では実際にどのような損傷が「自然損耗」にあたるのかが次に問題になります。もちろん個々の物件の損傷状態等に即しての具体的判断ですので、一概に定義をすることはできませんが、賃借物件における当該損傷が自然損耗か否かについて、判断の参考になる裁判例を挙げてみると以下のようなものがあります。

 @ 東京簡判H7.8.8 当該建物を10年近く賃借していたという事例で、部屋の枠回り額縁のペンキの剥がれ、玄関・台所の床・壁などの冷蔵庫の排気の跡や家具の跡、畳の擦れた跡、網戸の小さい穴や枠のゴムの弱りは時間の経過に伴って生じた自然の損耗であるとした。

A 大阪地判H7.9.19 賃借期間が約1年の事例で、柱や壁や床の染みや汚れ、Pタイルの損傷、壁の小さな穴、柱の角の表面クロスの剥がれなどは、いずれも部分的なものであって、さほど広範囲なものでもなく、また内容的にも重大なものでもなく、むしろ本件貸室を1年程度使用すれば通常生じるであろう軽微なものであるとし、ドアの木枠の角が一部削れている点についても、損傷の範囲は部分的でその程度も軽微なものであるとして、これらがいずれも通常の使用によって生ずる程度を越える特別の損傷に当たると認めることはできないとした。

B 保土ヶ谷簡判H7.8.8 賃借期間が約5年の事例で,畳の変色(カーペットを敷いていた部分とそれ以外の部分で色が違う)、カーペット、洋間・洗面所・トイレ・玄関の壁と天井のカビによる染みについて、それぞれ、入居者が替わらなければ取り替える必要がない程度の状態である、物件が新築であったため、壁等に多量の水分が含有されていたことは経験則上認められるところで、借主がことさらにカビを多発せしめるような原因を作出したとも認められない、という理由でいずれも建物の使用により生ずる通常の損耗であるとした。  上記以外の裁判例も考慮すると、一般的に通常の使用による損耗と考えてよいものとしては、畳表の日焼けによる変色、通常の歩行による畳のすり切れ、ドアノブ等の手あかによる変色、障子・ふすまの経年変化による変色、壁紙クロスの経年変化による変色などです。

2、借主の負担とされる例  

ただ、注意しなければならないのは、汚れ等の拡大に借主の管理上の落ち度があった場合には、相応の費用負担をすべきとの判断がされる場合があります。このような例として、カーペット等に発生したカビについて、当該建物が新築で壁等に多量に水分が含有されていて、経験則上カビが発生しやすい状態であった場合でも、カビが発生した後の借主の手入れにも問題があったためと言わざるをえないとして、借主にカーペット張り替え費用の2割を負担させた裁判例(横浜地判H8.3.25)があります。  また、子どもの落書きやイタズラによる襖や障子の破れの場合には、借主の注意義務違反と判断される可能性もありますが、その場合でも、借主が負担すべきは当該汚損部分についての張り替え費用であって、例えば襖全体の張り替え費用を負担する必要はないと言うべきでしょう。

【一斉説明会資料】から   

【敷金問題研究会編】 2002.9.17 

ホーム | メンバー | スケジュール | 追い出し屋問題 | 京都の更新料裁判 | 書庫 | 打合せ風景 | 連絡先情報 | 目次ページ
 

この Web サイトに関するご意見・要望等は、連絡先情報にありますFAXでの連絡を、お願いします。