全国追い出し屋対策会議

ホーム
メンバー
スケジュール
追い出し屋問題
京都の更新料裁判
書庫
打合せ風景
連絡先情報
目次ページ

 2009年 2月 15日(日)

    
  「全国追い出し屋対策会議」 結成 される

        集会宣言.txt

・・「こうした低所得者層に低廉な家賃額で公営住宅を供給し、あるいは、
滞納リスクに備えた公的な保証制度を整備することは、国の責務である。・・・
ということで、民間がこういった保証業務をするのはおかしいという宣言

                                                                     全国追い出し屋対策会議 の公式HP  
                                                                                      ( いちょうの会内)

                                 追い出し屋問題へ

                                                               
   これまでの出来事=時系列へリンク
                                                                「安心できる賃貸住宅」の実現を求める
                                           集会宣言
 2009/9/13
 

「追い出し屋」から守れ 大阪で弁護士ら対策会議          =山形新聞
 .txt
賃貸住宅からの「追い出し屋」対策、大阪で支援組織設立        日経
 .txt
「追い出し屋」被害防止                                                   しんぶん赤旗
txt
追い出し屋」対策会議、弁護士ら設立 国に規制強化要望へ 毎日新聞
.txt
「追い出し屋」対策へ全国会議結成 規制法整備を提唱 =朝日新聞 .txt
■「追い出し屋」対策 実態把握の組織を結成        =動画=毎日放送 .txt
<大阪>「追い出し屋」被害に対応の全国組織結成    =動画=朝日放送
 .txt
「追い出し屋」から守れ 大阪で弁護士ら対策会議      =47NEWS
 .txt

          
増田代表あいさつ    会場の参加者   報道陣のカメラの放列 来賓あいさつ:
                                              吉岡和弘弁護士
                                                                                                   日弁連消費者問題対策委員長

         
 被害者の報告1     各地からの取り組み報告                          被害者の報告2
             東京 林 治弁護士  群馬 金井厚二弁護士 大阪 堀泰夫司法書士
                 林 大悟弁護士

           
   司会担当                 記念講演:京都産業法科大学院                             使われた追加錠 2種類
吉川宏康司法書士                                 高嶌 英弘 教授 
         渕田和子司法書士

   

業規制法について  集会宣言採択    閉会の挨拶
  木村達也弁護士   増田尚弁護士    美奈川成章弁護士

追い出し屋関連の被害者の  問い合わせ先の電話番号(常時)
いちょうの会 06−6361−0546
せんり中央司法書士事務所
06-6872−3400

2月16日(月) 電話相談会終了 主催:「全国追い出し屋対策会議」 朝日新聞 .txt
大阪や愛知、福岡など8府県から計60件の相談
ドアをロック、ドアホン30分…「追い出し屋」相談次々 朝日新聞   .txt

集会宣言 2009/2/15

 

集会宣言

「追い出し屋」被害根絶のための法規制とともに充実した住宅政策の実現を求める宣言

 派遣労働など不安定雇用が増大し、貧困と格差の拡大により、
                    住宅を確保することが困難な低所得者層が増加している。

 そうした低所得者層をターゲットとして、敷金・礼金が不要であることをうたった
 「ゼロゼロ物件」や、賃貸保証業者を連帯保証人とする賃貸物件が増えている。

しかし、これらの物件において、賃貸事業者や保証業者が法外な違約金を請求したり、
カギを交換して出入りを不能にし、室内の私物を無断で撤去する「追い出し」被害が相次いでいる。

 入居時に必要な費用を準備できない窮状と法的無知に付け込み、 不当な契約条項を締結させて、
滞納家賃の過酷な取り立てを行い、
法の定める手続を経ない実力行使で賃貸住宅から「追い出し」を図ることは、
    居住権を著しく侵害する違法行為であって、到底許されない。

賃貸住宅における「貧困ビジネス」への必要な規制を創設・強化することが早急に求められる。  
     同時に、このような「貧困ビジネス」がはびこるのは、
               低所得者層向けの住宅政策が貧弱であることが原因である。

これら低所得者層は、雇い止めや賃金の減額などにより、 たちまち生活が立ちゆかなくなり、
        家賃滞納を引き起こすおそれが高い。
そうした低所得者層への住宅供給を野放図に民間に委ねた結果、
 「ゼロゼロ物件」や「追い出し屋」などが横行したのである。

 こうした低所得者層に低廉な家賃額で公営住宅を供給し、
        あるいは、滞納リスクに備えた公的な保証制度を整備することは、国の責務である。  

私たちは、全国各地で、「ゼロゼロ物件」や「追い出し屋」による被害を受けた
    居住者・元居住者を救済し、その権利擁護に努めてきた。

ここに、以下のとおり、抜本的な被害根絶のための法制度を整備し、 
        低所得者層の居住権の確保のために住宅政策を充実させることを求める。

 1 賃貸事業者、保証業者、管理業者等を問わず、違法な自力救済による「追い出し」行為は
      犯罪行為かつ重大な人権侵犯であって許されないとの立場から、
      厳正な処罰等の対応をすること。

 2 賃貸保証業を登録制とし、監督官庁を設けること。
      賃貸保証業者は滞納家賃の回収のみを業務とすることとし、
      契約解除・明渡の代行を禁止すること。回収業務に対する規制を強化すること。
      違反した登録業者には、営業停止・登録取消等の行政処分を課することができるようにすること。

3 低廉な家賃額での公営住宅の供給増大を図り、低所得者層への賃貸住宅の
            供給を整備すること。公的な保証人制度を設けること。

4 監督官庁は、ハローワークや地方公共団体などとの連携を図り、
                       住宅確保困難者の相談体制を確立すること

2009年2月15日

                 賃貸住宅追い出し屋被害対策全国会議 結成総会参加者一同



 

ホーム | メンバー | スケジュール | 追い出し屋問題 | 京都の更新料裁判 | 書庫 | 打合せ風景 | 連絡先情報 | 目次ページ
 

この Web サイトに関するご意見・要望等は、連絡先情報にありますFAXでの連絡を、お願いします。