過去の例
敷引は、10年以上前は、2割引(敷金が概ね10か月分だった為)とか、2ヶ月引きとかの表示が一般的でした。しかし、最近は、絶対額表示が一般的となってきております。

敷金と敷引の今昔
平成元年新築60平米の3LDKの共益費4千円の
鉄筋 南向き日当たり良好 賃貸マンションが、 
12年前  家賃8.5万円 敷金120万円  敷引30%
 7年前   11.0万円   120万円   40万円
 2年前    8.0万円    80万円   40万円
 
今年     7.7万円    70万円   30万円 (2002/5)
といった具合で、最近は、金額表示で、敷金は60万円までは値切り可能ですが、敷引は、まかりまへん といったとことです。

EX昭和48年新築の例
57平米 3DK RC 南向き日当たり良好 共益費3千円から5千円へ値上げ
契約 昭和51年 家賃5.5万円 敷金120万円  敷引20%
という方の解約が今年あり、契約書から知ることができました。

このころ、
家賃の20ヶ月分相当を預かると、木造の文化住宅は、建築費の1/2が補うことが出来たといいます。また5年分で、土地建物の資金が家賃で回収できるほどインフレの恩恵が得れたとも聞きます。 

この物件は、入居期間が20年と長かったため、改装に130万円弱かかりましたが、通常損耗だけの借主への請求は、もちろんゼロでした。
 ことほど左様に、短期間で解約になりますと、結構もうかります。長期ですとだんだん貸主は、赤字になりますが、一切請求しないのが、この阪神間の慣習です。
所得税の申告では、敷引の金額は、その年の利益として申告します。

 

文責 オブザーバー  西岡 儀和(ファイナンシャルプランナー)


 

この Web サイトに関するご意見・要望等は、連絡先情報にありますFAXでの連絡を、お願いします。