2 退去時に、現状確認・費用見積を しなかった事例

ホーム
メンバー
スケジュール
追い出し屋問題
京都の更新料裁判
書庫
打合せ風景
連絡先情報
目次ページ

         Press Release 2002 / 12 / 20

提訴事件〜解決事例の紹介(2)

  退去時に、現状確認・費用見積を しなかった事例

         (担当:岡本英子 弁護士)

  (1)明渡し時の状況     物件所在地    大阪府摂津市      入居期間     平成8年9月入居〜平成13年12月退去

敷金の額     500,000円(うち、「敷引20万円」の約定) 退去時の返還額   50,000円

  (2)問題点

      退去時に、借主立会いの「現状確認」がなかった。家主から「退去後にトイレ便器を交換 した。」と言われただけであり、修理費明細の提示もなかった。

  (3)対応及び解決

  提訴日   平成14年10月22日

  請求金額  250,000円

解決日   平成14年11月9日(第1回弁論期日に和解成立)   解決金額  252,500円

  借主の主張
 
@ 敷引20万円は納得できるが、それ以上に引かれる理由はない。             
 A 便器は、「自然損耗」の程度しか毀損していなかったから、たとえ家主が便器を取り替えても、その費用を借主が負担する必要はない。       
 
    解決の経緯
提訴後、家主から「預かった敷金の額を間違えていた」と釈明された。             

    第1回弁論期日に、訴訟に使った収入印紙代(2,500円)を上乗せした金額で、和解が成立した。
 

戻る

ホーム | メンバー | スケジュール | 追い出し屋問題 | 京都の更新料裁判 | 書庫 | 打合せ風景 | 連絡先情報 | 目次ページ
 

この Web サイトに関するご意見・要望等は、連絡先情報にありますFAXでの連絡を、お願いします。