5 画期的判例

ホーム
メンバー
スケジュール
追い出し屋問題
京都の更新料裁判
書庫
打合せ風景
連絡先情報
目次ページ



2003/6/30の画期的判例

以下敷金問題研究会からのアナウンス
・・・・・・もちろん、原告側の弁護団は、敷金問題研究会です。

公庫融資で、なおかつ特優賃の案件で、
この判決は消費者契約法の適用がなくても
公序良俗違反とした消費者公序を踏まえた画期的なものです。


自然損耗の修繕費用を賃借人の負担として退去時に清算することは、
公庫法・特優賃法の趣旨に照らし公序良俗違反で無効とする判決。
                     大阪地方裁判所


要点は、
○契約書とは別途渡す 「しおり方式」は、
 後日の紛争を防止するというよりは、
 網羅的・画一的に自然損耗を賃借人負担とする機能を有している。

○契約書上や重要事項説明書上は敷金返還について特に規定がなく、
 賃借人としては賃料不払等債務不履行のない限り返還あるものと考え、
 にもかかわらず退去時に清算することは不意打ちになる。

○自然損耗の修繕費用を実質賃料に含ませることまで法は禁止していないが、
 退去時精算方式は、賃料を安く設定して入居者を確保し、
 内心では退去時に自然損耗の修繕費用を敷金から控除するというもので、
 月々の家賃から回収するか退去時に清算するかという
 違いがあるにすぎないということはできない。

○公金による優遇措置と二重取りともいうべき


p.s.
要するに、公庫法で契約書には書けない原状回復義務を「しおり」に記載して
渡すだけで、「説明しましたよ。」は、無効ということに・・=署名・押印無し

******************************************************

判例紹介 特優賃の原状回復問題  正しい取引のために   (財)不動産適正取引推進機構
原状回復に係る特約が公序良俗に反し無効であるとされた事例

ホーム | メンバー | スケジュール | 追い出し屋問題 | 京都の更新料裁判 | 書庫 | 打合せ風景 | 連絡先情報 | 目次ページ
 

この Web サイトに関するご意見・要望等は、連絡先情報にありますFAXでの連絡を、お願いします。