公社の判例まとめ

ホーム
メンバー
スケジュール
追い出し屋問題
京都の更新料裁判
書庫
打合せ風景
連絡先情報
目次ページ

bullet

公社の事例
兵庫県住宅供給公社
    2005/2      またまた敗訴.TXT

      原状回復特約の不成立
・判決文をUP
大阪府公社相手に逆転勝訴2004/07/30
原状回復特約を公序良俗に反し無効
 

bullet

判例 更新料否定の判例が出ました=京都 May/18/2004  TXT
毎日放送NEWS  京都新聞   TXT
  更新料の判決、UPされました。
     敷金問題研究会からのコメント

 

bullet

判決
原状回復費用特約・設備協力金特約は無効=大津地裁 公庫の場合2004/2
 

bullet

敷金ルールを明確化 東京都が紛争防止に条例案
 

bullet

兵庫県住宅供給公社     管理分
特優賃は、傾斜家賃で、毎年家賃が、UPするんですね。
 なんといっても、頭の古い行政の硬直的な法律で、インフレが前提ですから。 & 値下げに応じない貸主に対して公社が値下げの裁判を起こすというのも前代未聞・デフレそのものが引き起こした事件ですね。
=
特優賃空き室、最悪の35% 家賃アップ敬遠 =神戸新聞=リンク txt
公社が敗訴の記事 と 公社の 賃料値下げ募集のチラシアクロバットです。
対兵庫県住宅供給公社の控訴審
 
逆転勝訴判決
= 高裁・控訴審へ
=兵庫県公社の上告=、
 
最高裁で、上告不受理が決定       
       
毎日新聞より2004/06/10.txt

平成15年11月21日判決文
 

bullet

和解成立 2006年05月18日(木)
原状回復特約は成立していないとして最高裁より差し戻されていた敷金返還請求事件で、大阪高裁(田中壮太裁判長)にて、借主と大阪府住宅供給公社との間で和解が成立しました。
朝日新聞 .TXT http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200605180060.html  
国民生活センター掲載分06/22
ttp://www.kokusen.go.jp/hanrei/data/200605.html
大阪府住宅供給公社の原状回復問題
大阪高裁の差戻審の日程

2006/2月中旬までに、公社側の主張
2006/3月初旬までに、借主側の反論

 

bullet

2005/12/16 最高裁の判決の言い渡し
 公社も、かなり細かい負担区分表を準備しており、 これが最高裁で「一義的に明白でない」とされると、 およそ特約が成立する事例は考えられないと評価してよいでしょう。
  今後は、公社に対して、通常損耗を控除しないよう求めるとともに、 過去の過剰控除についても賃借人に返還するよう求めていこうと考えております。
公社の負担区分表 1.2M
画期的な判決!〜  増田 尚

2006/3/6 全国の公社の実態=朝日新聞
  .TXT

ホーム | メンバー | スケジュール | 追い出し屋問題 | 京都の更新料裁判 | 書庫 | 打合せ風景 | 連絡先情報 | 目次ページ
 

この Web サイトに関するご意見・要望等は、連絡先情報にありますFAXでの連絡を、お願いします。