敷金問題研究会

ホーム
メンバー
スケジュール
追い出し屋問題
京都の更新料裁判
書庫
打合せ風景
連絡先情報
目次ページ

はじめに

 私達、敷金問題研究会は、平成14年(2002年)7月に、敷金トラブルに関して問題意識を持っている弁護士、司法書士、不動産関係者有志により設立されました。これまで当会では、敷金の原状回復に関する問題を中心に、敷金110番や説明会、一斉提訴活動などを実施してきました。その活動もテレビ等のマスコミに流されたことも相まって、相当件数の相談が寄せられることになりました。

 これまでアパート等の退去時には、納得出来ないお金を返して貰えなかったり、追加費用等を請求されて、泣き寝入りをしていた方が多かったことと思います。しかし、決して泣き寝入りする必要はないのです。同じような状況にあった方が、当会に相談されたことをきっかけに問題を解決されているのです。
 どうして泣き寝入りをしなくてよいのか、どうすればお金を取られずに済むのか、あるいは取り返すことが出来るのか、HPを読んでいただけば理解出来ると思います。大家さんの常識が法律の常識ではないことがわかって頂けるでしょう。

 なお、HPは、すでに退去してしまった方だけではなく、これから退去を考えている方、あるいはどこかに入居をしようと考えている方なども含めた、建物の借主すべての方が対象です。

 HPを読んで、敷金は基本的に返ってくるものだという認識を確かにして下さい。そして、その結果、HPが紛争解決の一助となることを期待します。

平成15年1月23日

   敷金問題研究会

         代表 浦井  裕樹   

最新情報
 

bullet 
bullet2012/04/09  判例紹介
追い出し屋に対し220万円
損害賠償を命じる   .txt
首都圏追い出し屋対策会議のブログ
http://ameblo.jp
/oidashiyataisakusyutoken/entry-11213065010.html

http://www.kc-law.jp/myblog/2012/07/post-156.html  .txt
 
bullet2012/03/30
東京都:特別相談
  
  「賃貸住宅トラブル110番」
                 の実施結果について 
  http://
www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2012/03/20m3tf00.htm

   
bullet2012/02/06
「賃貸」退去時の修繕費トラブル
           国民生活センター編
読売新 .txt
                                      東京新聞   .txt
ポイントは、入居時に部屋の傷や汚れの状態を
写真に撮り「入居前からすでにあった」として
 貸主や不動産会社へ報告しておけば、
退去時にトラブルになりにくい。
トラブルになった場合、自治体の消費生活センターや各地の司法書士会などが相談に応じている。

メモ 

書籍発行
敷金・更新料 訴訟の実務

    2007年5月出版 
1500円  
  表紙
.jpg  購入は、大阪弁護士協同組合

「敷金はこうして取り戻せ」
かもがわ出版 
  かもがわブックレット146


・・・・・・・リンク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福岡県 敷金問題研究会  
 http://www.fukuoka-shikikin.com/shinchaku.html

京都敷金・保証金 弁護団
http://www1.ocn.ne.jp/~benagano/shikikin.

bullet

活動風景 =Jpg

274818 +   since 2002/9/7
 

最終更新日: 2015/11/27  

ホーム | メンバー | スケジュール | 追い出し屋問題 | 京都の更新料裁判 | 書庫 | 打合せ風景 | 連絡先情報 | 目次ページ
 

この Web サイトに関するご意見・要望等は、連絡先情報にありますFAXでの連絡を、お願いします。